松田先生講演スケジュール

       ~講演会・セミナーのご案内~


 松田麻美子先生・2014年春の来日講演会のご案内を開始いたしました。
 2014年春の講演会のご案内は、日本ナチュラル・ハイジーン普及協会のホームページ内でお知らせしております。(2014/1/30)

 ⇒コチラから


 



特集 常識破りの超健康革命 
常識破りの超健康革命

松田麻美子著者インタビュー 松田麻美子先生(自然健康・治癒学博士)

「超健康革命」実践者の声

「超健康革命の会」発足のおしらせ
 松田先生来日時の「健康セミナー」については左記をご覧ください

松田麻美子先生の「一日の食事メニュー」紹介



ナチュラル・ハイジーンについて

●ナチュラル・ハイジーンとは

「自然の法則」に基づいた原則と習慣に従う一つの生き方。
1830年代にアメリカの医師らによって系統立てられた生命科学の理論で、そのルーツは、ピタゴラスやヒポクラテスなど古代ギリシャの哲学者や医師らによって始められ、時代を超えて西欧諸国の人々の健康維持と病気予防のために役立ってきた健康哲学にある。
『FIT FOR LIFE』(邦訳『ライフスタイル革命』)の本を通じて世界中に広く紹介されたのをきっかけに、今日では「ナチュラルハイジーンのライフスタイルを実践している人々は世界で最も健康な人々である」と欧米の科学者から高く評価されている。

●ナチュラル・ハイジーンの原則とは

下に記したように、実にシンプルで、だれでもすぐに実行可能なものです。

(1)健康は、健康的な生活の結果生まれる。
(2)健康のために必要な条件をからだに与えてやりさえすれば、だれでも健康になれる。
  その条件とは
  ・からだの生理機能構造上ふさわしい食事をとること(詳細は『常識破りの超健康革
   命』をご参照ください)。
  ・十分な休養と睡眠,、適度な運動(週5回、最低30分以上歩くなど)をとること。
  ・ストレスマネージメント(心の平静)を保つこと
(3)病気は原因なくしては起こらない。
  病気は健康のために必要な条件が与えられていないときにのみ生じる。
(4)からだには、常に自らを浄化・修復し、ベストコンディションで機能しようとする力
  が備わっている。その力を妨げない限り、悪いところは治され、健康は常に保たれる。
(5)からだに必要なものを与え、からだから発信される警告に注意を傾け、からだを傷つ
  けているようなものを取り除いていけば、すばらしい健康を手にすることができる。

●ナチュラル・ハイジーンのモットーとは

  「ヘルスケア・イズ・セルフケア」

●さらにくわしく学びたい方は

 「日本ナチュラル・ハイジーン普及協会」のホームページをご覧下さい
 <http://natural-hygiene.org/>

 また、「超健康革命の会」へのご入会(詳細は、こちら)や、
 下記関連サイトへのアクセスをおすすめします。

ナチュラル・ハイジーン関連サイト

◎National Health Association &America Natural Hygiene Society
 ・http://www.healthscience.org/
  1948年に創設された世界最古のナチュラル・ハイジーンの普及組織で、2000年までは
  「米国ナチュラル・ハイジーン協会」と呼ばれていました。インターネットで健康情報を検索する
  多くの人々へのサービスを考慮し、「全米ヘルス協会」と改名しましたが、古くからの
  メンバーの希望でナチュラル・ハイジーンの名称を残すことが決まり、2007年「全米ヘルス協会
  &米国ナチュラル・ハイジーン協会」が公式名称となりました。少量の動物性食品を
  個人の好みで食事に含めることを容認していますが、基本的にはローフードが80%以上を占める
  ヴィーガンの食事を推奨しています。

◎International Association of Hygienic Physicians (IAHP)
 ・http://www.iahp.net/
  ナチュラル・ハイジーン理論を治療に用い、主に水だけによるファスティングの監督を専門とする医師たちの
  組織です。

◎International Natural Hygiene Society (INHS)
 ・http://www.naturalhygienesociety.org/
  2004年1月1日に発足したインターネットベースのナチュラル・ハイジーン組織です。ヴィーガンの食事がもたらす
  可能性のある不足障害を憂慮して、完璧なヴィーガンの食事より、食事の2%程度を動物性食品(オーガニック
  の卵、無塩で生の乳・乳製品、魚など)で摂取することを推奨するナチュラル・ハイジーンの医師や
  指導者たちが中心となって運営しています。また100%生のローフード・ダイエットが望ましい、としています。

◎Vivrance(旧Living Nutrition)
 ・ http://livingnutrition.com/
  100%ローフードのナチュラル・ハイジーンを推奨する雑誌のサイトです。 ローフード関係の雑誌では最大の
  購読者を持っています。

◎Fit For Life® College of Natural Health
 ・http://www.fitforlife.com/college.html
  ナチュラル・ハイジーン理論を教えている学校で、以前は「アメリカ健康科学カレッジ」という名称でした。

◎University & Colleges of Natural Health
 ・http://www.unh-edu.org/

  ナチュラル・ハイジーン理論を教えている学校です。

◎City University Los Angeles

 ・http://www.cula.edu/index.asp
  ナチュラル・ハイジーン理論を教えている学校です。

◎Transformation Institute School of Natural Hygiene
 ・http://www.transformationinstitute.org/
  ナチュラル・ハイジーン理論を教えている学校です。

リンク

えひめ朝フルの会
 ・http://www.asafuru.com/
松田先生が松山市で講演されたことをきっかけに、愛媛県のミカン農園の方たちが中心となって 発足させた会です。組織や行政に頼らず、草の根運動で「朝のフルーツ(朝フル)で健康になろう」 という運動を展開していくことを目標としているそうです。 「朝フル」の実践記録は参考になると思います。
ミカンイズムドットコム(ミカン主義宣言)
 ・http://www.mikanism.com/
上の2つのサイトは、愛媛県の果物生産者の方が中心になって制作されているもので、 「朝フルミカン宣言」「朝フル応援隊」「朝フル日記」などのおもしろコラムを通じて、「ナチュラル・ハイジーン」の紹介や果物の
すばらしさを伝えています。 「フルーツ ステーション味楽(みらく)」 (http://www.miraku.com/)からでもご覧になれます。

くだもぎ
 ・http://www.kudamogi.com/
「ナチュラル・ハイジーン」実践中の小俣光弘さんが開設したサイトで、 おいしい「もぎたての果物」を直送する「くだもぎ」です。 こちらのサイトでも松田先生や「ナチュラル・ハイジーン」のことが紹介されています。
ミンクス・チャンネル
 ・http://www.minx-channel.com/
デザイナーの横森美奈子さんとコーディネーターの大石敦子さんのサイト。
ファッションからフード、ライフ・スタイルからミーハー・ジャンルまで楽しいこと満載です。 『常識破りの超健康革命』の松田先生のお友達サイトです。
 
松田先生の今後の出版予定
『葬られた「第二のマクガバン報告」』(『THE CHINA STUDY』の日本語訳)
(上巻・中巻・下巻とも既刊)




   
グスコー出版 へのお問い合わせはinfo@gsco-publishing.jpまでお気軽にどうぞ。
当ホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright (c) Gsco Publishing. All rights reserved.