第1章――会社の都合やリストラに負けない下準備
 1.「リストラされたら食べていけるか」を自問してみよう●危機管理能力を磨け
 2. 新聞の求人欄で「自分の実力」を見つめてみよう●自己診断能力を知れ
 3. 組織に頼らないための「日常のリスク管理」を確立させよう●日常の向上心を養え
 4. 「リストラの兆候」を見逃すな●リストラ予見能力を培え
 5. リストラされたら「チャンス」に変えよう●自己刷新能力を発揮しろ

第2章――「目標達成能力」強化のために
 6. いかにして「ほんとうの目標」を見つけるか●自己探究能力アップ
 7.「目標意識」を必ず保持しておく●目標設定能力アップ
 8. 目標達成までの「毎日の小目標」を設定する●「流されない自分」確立能力アップ
 9.「自分にできること」から始める●自他分別能力アップ
 10.「他人との比較」より「自分の能力向上」に専念する●自己把握能力アップ
 11. 成功するための「限界質量」を築く●勉強持続能力アップ
 12.「成功者の伝記」を読んで逆境をしのぐ●試練克服能力アップ
 13. 失敗しても失敗しても、とにかくつづける●精神持続能力アップ

第3章――「精神力強化」のために
 14.「人生の修練」について、その意義と必要性を考えてみる●約束遵守能力アップ
 15.「できない」という言葉は封印する●限界撤廃能力アップ
 16.「流されない自分」のイメージをつくっておく●弁解禁止能力アップ
 17.「脱テレビ」で怠惰の誘惑を遮断する●我慢継続能力アップ
 18.「書くこと」の習慣で強靭な抵抗力をつける●抵抗貫徹能力アップ
 19.「悔しい思い」に徹底的にこだわる●激怒昇華能力アップ

第4章――「知力」強化のために
 20. 視覚的情報の選択力をつける●情報選択能力アップ
 21 辞書をアシスタントデータベースにする●日本語能力アップ
 22 能力アップの動機に「資格試験」を取り入れる●知識習得能力アップ
 23 PCマニュアルの目次を頭に入れてPCの活用範囲を広げる●PC応用能力アップ
 24 自分自身にとっての「外国語の必要性」について熟考してみる●語学力アップの是非
 25「記録すること」で頭の中の情報整理をする●気分転換能力アップ

第5章――環境整備力強化のために
 26「自分に適した環境」を追い求める●環境創造能力アップ
 27「意志力」を維持するための環境づくり●意志持続能力アップ
 28 PCは最低二台装備して、無用な心配を取り除く●PC管理能力アップ
 29 知的参謀役となるツールを見つける●備品活用能力アップ

第6章――「生活力」強化のために
 30「価値観」ではなく「原則」を最重要視する●行動選択能力アップ
 31 生活のなかに「小さな冒険」を取り入れてみる●新規開拓能力アップ
 32 時間は「あるもの」でなく、「つくりだすもの」と認識する●時間創造能力アップ
 33 暮らしに「快感原則」を応用して自分を高める●快感導入能力アップ
 34 電子メールで人間関係を復活させる●IT活用能力アップ
 35 善人と悪人とを選別できる「自己センサー」を磨く●対人客観能力アップ
 36「先入観」は成功体験で矯正する●先入観打破能力アップ
 37「セールスポイント」を一つずつ形にしてアピールする●自己PR能力アップ

第7章――「金銭管理能力」強化のために
 38 お金の使い方を振り返ってみる●自己投資能力アップ
 39「投資」「必要経費」「浪費」――お金の「価値」を把握する●投資活用能力アップ
 40「小さな節約」がコスト意識を磨く●浪費回避能力アップ
 41 借金を返せない原因は「心の病」●金銭管理能力アップ
 42「解決策」という観点からお金を敬う●問題解決能力アップ

第8章――「健康力」強化のために
 43 自分のからだを知る●病気予防能力アップ
 44「朝は果物」「肉なしデー」を励行する●食生活能力アップ
 45 ウォーキングから始めて週三回の運動をめざす●基礎体力アップ
 46 睡眠時間を確保する●疲労回復能力アップ

第9章――「人間関係力」強化のために
 47 人間関係の「寿命」を知っておく●友人選択能力アップ
 48 人間関係を「壊さずにすむ」方法●瞬間忍耐能力アップ
 49「敵をつくらない」ことは、最強の戦法●摩擦回避能力アップ
 50 悪い知らせは直接会って話す●信頼復元能力アップ
 51 親しき仲だからこそ契約書を交わす●弱点克服能力アップ
 52 注意すべき「片道コミュニケーション」●用件確認能力アップ
 53 自分のことだけしか考えない人の誤算●顧客洞察能力アップ
 54 人間関係の失敗は「進化」のための財産●経験活用能力アップ

第10章――「自己総合力」強化のために
 55「身勝手なスペシャリスト」は通用しない●相互関連能力アップ
 56 いずれの役割もないがしろにしない●役割認識能力アップ
 57 役割の多い人の「時間のつくり方」●役割遂行能力アップ
 58 人間だけが「現在の自分を超える能力」を持っている●自己超越能力アップ

 
宮崎伸治(みやざき・しんじ)
作家・翻訳家。広島県生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業後、英国国立シェフィールド大学大学院言語学部にて修士号を取得。著書に『時間力をつける100の方法』『人生に勝つ資格を取る方法』(以上、PHP研究所)、『これが本場の英語だ』(近代文芸社)などがある。また、カーネギー、コヴィー、マーフィー、シュラーなど英米一流思想家の翻訳も数多く手がけ、訳書に『7つの習慣 最優先事項』(キングベアー出版)、『ビル・ゲイツの未来哲学』(PHP研究所)、『理想の自分になれる法』(廣済堂出版)など多数ある。
 

あなたさえ本気になれば、あなたは思いどおりの未来を切り拓くことができます。
理想の未来を必ず手に入れることができるのです。
今のあなたの境遇がどんなものであっても心配いりません。
たとえ現在、あなたが何の技能を身につけていなくてもあきらめる必要はありません。

この本を参考に真剣に努力さえすれば、不本意な状況やピンチを一変させることができるのです。
あなたの人生を決めるのは、「あなた自身」です。
本書には、あなたのさまざまな能力を磨き上げ、隠されていたあなたの実力をバージョンアップさせる方法やヒントが多岐にわたって記されています。
本書をきっかけに、あなた自身を一変させ、あなたの未来図を一新させてください。



   
グスコー出版 へのお問い合わせはinfo@gsco-publishing.jpまでお気軽にどうぞ。
当ホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright (c) Gsco Publishing. All rights reserved.