超医食革命

『フォークス・オーバー・ナイブス』に学ぶ

ジーン・ストーン[編] 大島 豊[訳] 松田麻美子[監修・特別寄稿]

四六判並製/264ページ/2014年10月初版

本体1,300円+税

ISBN/978-4-901423-18-2 C0030

 

『フォークス・オーバー・ナイブズ』とは、「フォーク(食事、の意)はナイフ(医師の使うメス、の意)以上」、すなわち「正しい食事は手術に勝る」ことを意味する。
大ヒット映画『アバター』のジェームス・キャメロン監督が絶賛した、全米大ヒットドキュメンタリー映画『フォークス・オーバー・ナイブズ』の衝撃をそのまま活字化!
本書は、『ニューヨーク・タイムズ』紙のベストセラー・リストの第1位にランクされた、同映画の解説本の日本語版である。「正しい食生活」が実証する、ガン・心臓病・脳疾患・糖尿病などの驚くべき改善例と、私たち地球人がめざすべき「医療と食」の究極の姿がここにある。

合言葉は、「プラントベースでホールフード」! あなたを病気から守ってくれるのは、あなた自身が選択している「食べ物」です。
──T・コリン・キャンベル(『チャイナ・スタディー』著者)、 コールドウェル・B・エセルスティン(『心臓病は食生活で治す』著者)