遠くの空に消えたのさ

私的「昭和大衆歌謡考」第1集

堀井 六郎 [著]

新書判/ソフト並製/242ページ/2014年3月初版

本体800円+税

ISBN/978-4-901423-17-5 C0273

 

「評論を超える楽しさ」と「歌謡曲への慈愛」あふれるシリーズ!マニアックながら、昭和30年代、40年代の青春の追憶を共有できる心地良さ。歌といっしょに、「あの頃のあなた」が帰って来ます!

◆(『週刊ポスト』掲載記事より抜粋)
まあ、あきれるほど詳しい。五〇代、六〇代の懐メロ心をゆさぶってくれる一冊です。これ一冊でふた晩は飲み明かせます。(高田文夫)

◆(『レコード・コレクターズ』掲載記事より抜粋)
結局のところ、後からどんなに資料を集めたり、関連書を貪り読んだところで、その時代を肌で実感したリアルタイムの経験値に勝るものはない。(中略)
柔らかな筆致の中で随所に覗く鋭い批評眼がことごとく卓見。(鈴木啓之)