一人ぼっちが好きなんだ

私的「昭和大衆歌謡考」 第2集

堀井六郎 [著]

新書判/ソフト並製/258ページ/2015年4月初版

本体800円+税

ISBN/978-4-901423-19-9 C0273

 

どこから読んでも、おもしろい!活字のタイムマシーン、私的「昭和大衆歌謡考」シリーズ第2弾! 心の中で響き合う、あの歌、あの声、青の情景。問答無用の昭和残響伝、待望の続巻、登場!

◆(本書「解説」より抜粋)
堀井さんの大衆歌謡とその周辺の体験、つまり記憶はじつに豊富だ。(略)体験がなければ記憶はなくて当然であり、なければないほど、堀井さんの「考」する文章の読者としては、最適ではないか、と自分では思っている。 (片岡義男)

◆(『週刊朝日』掲載記事より抜粋)
著者は今、この国でもっとも守備範囲が広く、考察力の鋭い歌謡曲研究家だ。書名はスカウト番組「ホイホイ・ミュージック・スクール」から昭和40年にデビューした望月浩の第1弾シングルのタイトル。橋、舟木、西郷ら御三家が手がけたスイム、アメリア ッチなどのリズム歌謡の章、美樹克彦『花はおそかった』の「バカヤロー」の衝撃を語る絶叫歌謡の章など、味わいたっぷりだ。(亀和田武)

◆(『レコード・コレクターズ』掲載記事より抜粋)
〝私的〟と題されながらも、時代背景に則した確かな音楽論が展開される。かつ読み物としても抜群に面白いのは、著者が長年に亘って務めてきた編集者としての見識に加え、何より実際にその時代を体験してきたことに他ならない。後追いのいかなる研究者もそこだけは絶対に敵わないだろう。(中略)他の類書では見られない切り口による魅力豊かなテーマが並ぶ。大衆歌謡の奥深さを教えてくれる絶好の書。(鈴木啓之)